2020年度|美容学生の新卒採用サイト

# VOICEZENKOではたらくスタッフの声

正しい言葉づかいや
積極性を持って働くことの大切さ

アシスタント
中澤 幸多/表参道店

中澤 幸多|写真

なぜ、ZENKOを選ばれたのですか

僕がこのサロンを選ぶきっかけは、就職活動のときに担任の先生から紹介していただいて知りました。先生方の間でも評判がとても良く、自分なりにネットで調べてみると福利厚生もしっかりしていて、スタイリストになるまでの経緯や流れが明確であると思い応募させていただきました。実際にサロン見学へ参加してみたのですが、居心地が良さそうな店内の雰囲気を感じることができました。営業中の注意すべき点や技術に関する知識など一つずつ丁寧に説明してくれたことで意欲が増した気がします。

中澤 幸多|写真

1日のスケジュールを聞かせてください

表参道店は他のエリアと比べて開店の時間が少し遅く、朝7時半に起きて、準備して髪をセットして8時45分には余裕を持って家を出れます。お店へ到着してから身だしなみを整えるスタッフもいますが、まず掃除をしてから朝礼を行い営業に入ります。営業後にはモデルさんに協力してもらいながら練習をしますが、練習がない月曜日には、同期の友人たちと食事に出かけたりしてリフレッシュしています。

中澤 幸多|写真

現在の業務と今後について教えてください

アシスタントの仕事は学生時代に想像していた地味な内容ではなく、スタイリストの全力サポートがメインといった状況でした。働きはじめて半年が経ちシャンプー以外にもカラーやブローをする機会がどんどん増えます。丁寧に早く塗るにはどうしたらいいか、思い通りに流せるブローはどの角度がいいかなどと考えながら没頭していると、鳥肌が立ちそうなくらい充実感が押し寄せてきます。わからないことを先輩方に尋ねると気軽に教えてくれるので、いつも甘えてばかりです。今後はもっと練習して大きな自信をつけたい!そう思っています。

中澤 幸多|写真

入社時の研修を振り返ってみてどうでしたか

初日からもう学生じゃないんだなというのを突きつけられたのを覚えてます。正しい言葉づかいや積極性を持って働くことの大切さを教えていただきました。慣れないことばかりでしたが、いま思えば社会人になる上で当たり前にできてないといけないことを学べたと思います。実際にサロンで働き始めて研修で教わったことの意味を改めて実感しています。どれも大切な事ばかりだったのでとてもためになっています!研修を終えてからは仲良くなった同期とよく食事に行ったりしてました!